人妻・熟女とコスプレ

結婚して15年、嫁との夜の営みも数が減り、マンネリ化していた。実は大の制服好きな俺、嫁とコスプレをしたいのだが、恥ずかしくて言えない…。いや、言ったら確実に拒否られるのは目に見えている。でも、制服姿の女性とヤラしいことをしたい!そんな時こそ風俗だと思った。早速、人妻デリヘルに電話して制服の似合いそうな熟女と遊ぶことにした。

嫁に内緒でコツコツ貯めてたヘソクリを握りしめ、ホテルへ。ある人妻専門店に電話し、コスプレのオプションを注文。同時に40代以上の熟女をお願いした。えっ、何のコスチュームを頼んだかって?そりゃ、俺の大好きなセーラー服しかないでしょ!確かにナースやOLといった衣装の方が人妻には似合うかもしれない。でも、あえて熟女にセーラー服のコスプレというギャップに興奮するのだ!

待つこと20分、人妻専門店から派遣された女性がやって来た。ホテルのドアを開けるとそこにはフェロモン出まくりのセクシーな熟女さんがいた。仮名にしておくが真由美さん、45歳。俺好みの女性である。きっとどんなコスプレも似合うだろう抜群なプロポーションをしている。彼女を部屋に招き入れ、しばしトークタイム。彼女は見た目、クールビューティーな人妻だが、話してみると実に温厚な性格で話しやすく、優しい性格の熟女だった。俺がコスプレ好きであることを話したら、彼女もそういうプレイが好きだったことから意気投合。早速、シャワーを浴びてプレイを始めることに。

浴室を出た後、体を拭き、下着を着ける彼女。ここに来た時は熟女らしいベージュの下着を着けていた彼女だが、セーラー服のコスプレに合わせて純白の下着に着け変えてくれた。こうした気配りはお店の配慮なのか、人妻ならではの気配りなのか、分からないが、どちらにしても嬉しい限り。やはり、制服の下には純白のパンティやブラの方が燃えてくる!そして、セーラー服姿になった真由美さん、45歳。これが想像、以上に似合っている。興奮する俺とは対照的に恥ずかしそうにしている彼女。この恥じらう人妻の姿がたまらないのだ。早速、熟女とのコスプレを楽しむことに。

我慢を抑えられなくなった俺はセーラー服を着た熟女に襲いかかった。制服の上から体をまさぐるように触りまくる俺。すると「…あん。ダメェ…」なんて、俺を燃えさせるような言葉を口にしてくれる彼女。なんてノリのいい、エロい人妻なんだ!コスプレがこんなにも興奮するとは思わなかった。もう、フル勃起状態の俺は暴走モード突入!スカートを捲くり、純白パンティを確認すると…股間部分がじっとり濡れてるではないか!なんてスケベな人妻だ!パンティを半分だけズラして濡れ濡れのアソコを舐めまくり。さらにはブラもズラして乳首も舐めまくり。悶えまくるセーラー熟女。俺は制服もパンティも全て脱がさず、脱げかけの状態でプレイした。この脱げかけで淫らな行為をするのが俺はコスプレの醍醐味だと思っている。

その後、69や素股、フェラなどをセーラー服姿の熟女と堪能し、気持ちよくフィニッシュを迎えた。エロい人妻とコスプレはやっぱりイイ!改めて思った。嫁には内緒だが、またヘソクリを貯めて遊ぶことを誓った。