パンストが眩しいデカ尻人妻デリヘル嬢と過ごす快楽のひととき

結婚して8年、今では嫁との夜の営みも全く無い。こっちが迫っても嫁は完全拒否。こんな状況なのだから嫁には内緒で風俗に通うようになったのも仕方ないことだ。しかも、パンストに包まれた尻フェチな俺は大きめ美尻をした人妻が3度のメシよりも好きなのである。今回もうしろのお肉を触ったり、顔を埋めたり、アナルを舐めたり、淫らな行為をしまくるぞ!

と、気合十分で人妻デリヘルにTEL。尻フェチな俺がリクエストしたのはヒップのサイズが90cm以上のデカいケツの熟女。するとピッタリな女性がいるとか。しかも、その女性はリアルな人妻で、アナル舐めが大の得意らしい。尻フェチな俺は即決でそのパンストが似合いそうな熟女をお願いすることに。この時点で俺のアナルがすでに疼き始めていたのだった。

俺には嫁がいるので自宅に呼ぶ訳にもいかず、安いラブホテルに入り、待機することにした。尻フェチを豪語している俺だが、やはり若い女性のヒップよりも、人妻や熟女の少し垂れかけた大きめのヒップが好きなのだ。先ほど電話した時に、今から来る女性はアナル舐めが得意と言っていたが、ケツ穴を舐められるのも好きだが、逆にパンスト越しに舐める方も好きなのだ。特に人妻や熟女といった熟した女性の、周りに毛の生えたようなアナルを舐めることに興奮してしまう…そう、俺は変態系の尻フェチだと言えるだろう。

そんなことをつぶやいてたら、その熟女が俺の部屋に派遣されてきた。ズバリ、尻フェチな俺のリクエスト通り!ほどよい肉付きの巨乳で美しいヒップという人妻だ。いいじゃないか!このボリューミーなボディがそそられる。顔は美形と言うより可愛い系。タレ目なタヌキ顔で俺好みのキュートなルックスだ。スカートから見え隠れするパンストの足首もソソる。俺は瞬時に思った「今すぐにでも、この熟女のアナルを舐めたい!」と。しかし、その思いを抑え、会話を楽しむことに。と、ここで意外な事実を知ることになる。ナント、こちらの人妻さん、オプションでAF(アナルファ○ク)が可能なんだとか。変態系尻フェチの俺は是非!とお願いしたいところだったが、お金が無かったので今回は断念…。次回は絶対にAFのオプションを頼もう!

こうして尻フェチな俺と人妻との淫らなプレイがスタート。まずは俺が彼女のケツの穴をパンストをずり下ろしじっくり拝見。恥ずかしそうな仕草を見せるウブい熟女がいい!そして彼女のアナルに舌を入れる勢いでベロベロに舐めた。ケツ穴を舐められ悶えるヤラしい人妻である。そのお返しにと、今度は俺が四つん這いにさせられ、アナル舐めをしてもらうことに。さすがは熟女、抜群のテクで、ケツ穴を舐めながらサオをシゴく技を披露。鳥肌が立つほどの快感だ!その後も尻フェチな俺は彼女のパンストヒップを使った素股や、ヒップを触りながらフェラしてもらったりと、色んなプレイを満喫しながらフィニッシュを迎えた。

人妻のヒップが大好きな尻フェチの俺が熟女とアナルの舐め合いなどの人妻パンストプレイで気持ちよく昇天させてもらった。今度はお金を貯めて彼女と、あのオプションを楽しもうと思った。

人妻熟女のパンストでなければ興奮しないフェチ男の体験談

脚フェチな僕が風俗で必ずリクエストするオプションがあります。それはパンスト。特に人妻や熟女の脚に着けてもらってプレイすると興奮度が増すんです。

要するに僕は人妻熟女好きのパンスト脚フェチと性癖を持った男なんです。今宵もそんなプレイを楽しみたくてスマホでお店選びするのとに。色々あるお店の中から、ある人妻デリヘルに決定。お店に電話すると、すごく感じの良いスタッフが電話対応してくれて、このお店にして良かったと心底、思った。そして、その人にオプションでパンストをお願いすると同時に、美脚の熟女さんをリクエストしました。そんな僕な無理な注文にも快く対応してくれて、ピッタリな女性がいるとのことなのでお願いしました。

僕は近場のホテルに入ってソワソワ…。どんな美脚な熟女さんが来るんだろう、どれくらいパンストの似合う人妻さんが来るんだろう…と妄想しながら、アソコは半勃ち状態です。そこへピンポーン!とチャイムの音が!慌てて部屋のドアを開けると、そこにいたのは黒髪のロングヘアが似合う清楚な綺麗系の人妻さんが立っていたのです!しかも、細身でタイトなミニスカートからは細くて美しい脚がスラリと伸びています。そう、僕がリクエストした通り、パンストの似合う熟女さんが来たのです。

そのパンストが似合うスレンダーな人妻さんを部屋の中に入れて、ソファでしばしトークタイム。その女性は麗子さんという名前で年齢を聞いてビックリ!僕は30代前半くらいだと思っていたのですが、実年齢は40歳という熟女さんだったのです。年齢よりも若ぶりな見た目にちょっと興奮してしまいました。彼女と世間話をしつつも、彼女の妖艶な雰囲気にムラムラしている僕。話をしながらも彼女の美脚に視線を奪われます。この熟女さんの脚にパンストを着用してプレイできると思ったら自然と鼻息が荒くなってました。改めて、この人妻専門店に電話して良かった!と心底、思いましたね。

そして、簡単にシャワーを終え、いざベッドイン!全裸の熟女さんは再び下着を着け、パンストを着用。服も着てもらってベッドに来てもらいます。今からこの美脚の人妻さんとヤラしいコトをいっぱい楽しんじゃいますよ!僕は服の上から彼女の体を触りまくり、撫でまくり。その愛撫に吐息を漏らす麗子さん。敏感な人妻さんである。そして、スカートをまくり、パンスト着用の脚を触りまくり。あぁ、この質感がたまらないんです!辛抱たまらず、彼女の脚に顔を擦り擦り。もう、至福の時間です。この後、そのストッキングを破ったり、脱げかけの状態で色んなヤラしいプレイを堪能。最後は麗子さんの濃厚フェラでイカされそうになりましたが、「イク時は熟女の脚にかけたい!」と事前にリクエストしていたので、美脚にたっぷりと白い液を放出させてもらいました。

脚フェチでパンストプレイを楽しむのが大好きな僕は、人妻専門店でスレンダーな熟女さんと自分の思い描いた通りのエロプレイを満喫できて大満足でした!