人妻 熟女 使用済み下着 パンティお持ち帰り

風俗好きな俺がよく使うオプションがある。それは使用済み下着をもらうことだ。俺は大のランジェリー好きで、それも人妻や熟女のパンティお持ち帰りが趣味である。今回はそんな俺の体験談を語りたいと思う。

ある日の夜、いつものごとく、使用済み下着が欲しくなり、ある人妻、熟女専門のデリヘルに電話をした。当然、オプションでパンティお持ち帰りをリクエスト。この時、ランジェリーはTバックではなく、フルバックのパンティを要望した。俺はお尻全体を包み込むタイプの下着、それも色は白とかベージュのような地味な物を注文した。なぜなら、その方が興奮するからである。やはり、どうせもらうなら、自分が一番興奮する物を持って帰りたい。ということで地味な感じのランジェリーを頼んで電話を切った。

そしてホテルで待つことに。早く人妻や熟女の使用済み下着が欲しい!パンティお持ち帰りしたい!という欲望を抑えながら待っていた。なぜ、そんはにパンティお持ち帰りにこだわるのかって?それは単純明快!プレイを楽しんだ後、人妻や熟女の使用済み下着をもらって帰れば、家でそのランジェリーをオカズにオナニーできるからである。そう、一粒で二度オイシイとはこのことである。

そこへ今回、お相手してくれる女性がやってきた。さすがは人気の人妻店、美形な女性がやって来た。こんな素敵な熟女の使用済み下着まで、貰えるかと思うと大興奮。この後、プレイも楽しみ、パンティお持ち帰りした後も1人(オナニー)で楽しめる!と思ったら益々、欲情してきた。でも、どうせ使用済み下着を貰うなら若い女の子の方がいいのでは?という人もいるだろうが、俺がは逆。人妻や熟女の方が分泌物も多く、股間部分に染みが出来やすいので、パンティお持ち帰りには適しているのだ!※まあ、これはあくまで俺の趣味だが…

さっそくその熟女とシャワーを浴びる為、全裸に。その時点で俺は彼女が使用済み下着を脱いだことを確認。あぁ、そのパンティお持ち帰りしたい!と思ったが、ここはグッとガマンだ。美形な人妻とのシャワータイムを終え、再度ランジェリーを彼女に着用してもらうことに。そりゃ、どうせパンティお持ち帰りするなら、少しでもその熟女に穿いてもらって使用済み下着感を出して欲しいからである。人妻のアソコの染みや匂いをタップリ着けて欲しいのだ。そう、俺はかなりの変態だ!

俺はベッドの上で、まずその人妻のブラを取り、大きめのバストを愛撫。そして、パンティに手を伸ばす。股間部分を触ると、布がじっとり濡れていることが分かった。でも、この染みてる感じが使用済み下着の価値を上げるのだ。そしてパンティお持ち帰りの醍醐味でもある!その後、熟女とフェラや素股など、あらゆるプレイを堪能。さすがは熟女、エロくて上手い!

こうして人妻専門のデリヘルで、熟女とプレイを堪能した後もパンティお持ち帰りのオプションを頼んだ俺には楽しみがまだ残っている。そう、家には帰ってその人妻のシミパンとか使用済み下着の匂いを嗅ぎながらオナニーすることだ。やはり、こんなにお得なオプションは他にない、と改めて思った。

人妻熟女のパンストでなければ興奮しないフェチ男の体験談

脚フェチな僕が風俗で必ずリクエストするオプションがあります。それはパンスト。特に人妻や熟女の脚に着けてもらってプレイすると興奮度が増すんです。

要するに僕は人妻熟女好きのパンスト脚フェチと性癖を持った男なんです。今宵もそんなプレイを楽しみたくてスマホでお店選びするのとに。色々あるお店の中から、ある人妻デリヘルに決定。お店に電話すると、すごく感じの良いスタッフが電話対応してくれて、このお店にして良かったと心底、思った。そして、その人にオプションでパンストをお願いすると同時に、美脚の熟女さんをリクエストしました。そんな僕な無理な注文にも快く対応してくれて、ピッタリな女性がいるとのことなのでお願いしました。

僕は近場のホテルに入ってソワソワ…。どんな美脚な熟女さんが来るんだろう、どれくらいパンストの似合う人妻さんが来るんだろう…と妄想しながら、アソコは半勃ち状態です。そこへピンポーン!とチャイムの音が!慌てて部屋のドアを開けると、そこにいたのは黒髪のロングヘアが似合う清楚な綺麗系の人妻さんが立っていたのです!しかも、細身でタイトなミニスカートからは細くて美しい脚がスラリと伸びています。そう、僕がリクエストした通り、パンストの似合う熟女さんが来たのです。

そのパンストが似合うスレンダーな人妻さんを部屋の中に入れて、ソファでしばしトークタイム。その女性は麗子さんという名前で年齢を聞いてビックリ!僕は30代前半くらいだと思っていたのですが、実年齢は40歳という熟女さんだったのです。年齢よりも若ぶりな見た目にちょっと興奮してしまいました。彼女と世間話をしつつも、彼女の妖艶な雰囲気にムラムラしている僕。話をしながらも彼女の美脚に視線を奪われます。この熟女さんの脚にパンストを着用してプレイできると思ったら自然と鼻息が荒くなってました。改めて、この人妻専門店に電話して良かった!と心底、思いましたね。

そして、簡単にシャワーを終え、いざベッドイン!全裸の熟女さんは再び下着を着け、パンストを着用。服も着てもらってベッドに来てもらいます。今からこの美脚の人妻さんとヤラしいコトをいっぱい楽しんじゃいますよ!僕は服の上から彼女の体を触りまくり、撫でまくり。その愛撫に吐息を漏らす麗子さん。敏感な人妻さんである。そして、スカートをまくり、パンスト着用の脚を触りまくり。あぁ、この質感がたまらないんです!辛抱たまらず、彼女の脚に顔を擦り擦り。もう、至福の時間です。この後、そのストッキングを破ったり、脱げかけの状態で色んなヤラしいプレイを堪能。最後は麗子さんの濃厚フェラでイカされそうになりましたが、「イク時は熟女の脚にかけたい!」と事前にリクエストしていたので、美脚にたっぷりと白い液を放出させてもらいました。

脚フェチでパンストプレイを楽しむのが大好きな僕は、人妻専門店でスレンダーな熟女さんと自分の思い描いた通りのエロプレイを満喫できて大満足でした!

顔面騎乗で人妻系熟女を味わうm男

私はごくごく普通のサラリーマン。それもドMな40代の会社員です。会社では上司に叱られ、家に帰れば妻に怒られ、毎日肩身の狭い思いをしてます。そんな私の唯一の楽しみは風俗。それも人妻専門の店です。嫁とは真逆の綺麗な熟女さんに癒されたいんです。そして、顔面騎乗されることがドMな私にはこれ以上ない幸せなんです!

今日も溜まりに溜まったストレスと精液を吐き出す為に人妻デリヘルに電話しました。お尻の大きくて、柔らかい熟女さんをお願いしましたよ。そう、顔面騎乗されたいからです。お店の人にさらなるワガママを言い、優しくて、綺麗な人妻さんをお願いしました。すると該当する熟女さんがいるとの返答が。こんなラッキーなこともあるんですね。普段、ツイてないだけに、こんな時にくらい運を使ってもバチは当たらないでしょう。あぁ、早く女性のお尻で顔面騎乗されたい…。

電話を切り、近場のラブホへ向かいました。先ほど私はドMだと言いましたが、嫁にいじめられるのは腹が立ちますが、素敵な人妻や美人熟女にいじめられることには興奮するんです。特に顔面騎乗には異常なまでの興奮をおぼえるんです。部屋でソワソワしながら待ってると、現れたのがフェロモン出まくりのセクシー人妻、佳代さん(仮名)48歳。確かに美形な女性で私のテンションは上がりまくりです。大学生のお子さんがいるようには見えない若ぶりな熟女さんですよ。しかも、肉感的なダイナマイトバディで、顔面騎乗してもらうには申し分のないカラダつきをされています。

プレイ前、私は佳代さんに全てをぶちまけました。会社や家庭の愚痴など、さすがは熟女さんですね、優しく聞き入れてくれました。さらには私が人妻さんに顔面騎乗されるのが大好きなドMだと告白すると、喜んで対応してくれるとのこと。私は佳代さんのことを好きにならずにはいられませんでした。こんなこと嫁に言ったらブチ殺されるか、離婚されるのがオチ…。そんな私に人妻、熟女専門のお店があって本当に良かった!と改めて思いました。唯一、私の心の拠り所ですから。あぁ、早く佳代さんに顔面騎乗されたい!

会話もシャワーもほどほどにプレイスタート。ドMで甘えん坊の私を優しく包み込むかのようにハグしてくれる佳代さん。熟女ならではの抱擁力です。そして私がドMであることを承知の上で、淫語を耳元で囁いてくれる彼女。ソフトな言葉責めに興奮する私。ならではのエロさを実感しました。そして、ドMで尻フェチな私にとって最高のご褒美である人妻・熟女が顔面騎乗をしてくれました。この尻肉の圧迫感がイイんです!窒息しそうなほどの密着感がイイんです!これが私の悦び、これが私の生きる道!やっぱり熟女のお尻は柔らかくて最高ですね。私は顔面騎乗の体勢で手コキしてもらい、そのまま発射!これが一番、気持ちいい射精なんです。「さすがは人妻!」と思える気配り、ヤラしさ、上手さ、優しさ、全てを佳代さんは感じさせてくれました。

人妻専門店で佳代さんという素敵な熟女と出会い、顔面騎乗しながらハンドマッサージで射精するという私にとって極上のご褒美をいただき、感謝感激です!我が人生に一片の悔いなし!!