人妻・熟女 フェチについて語ってみる…。

キレイな人妻系熟女人妻とか熟女という言葉が生まれたのはいつの時代のことか調べている間に意外なことがわかった。それは7世紀から8世紀にかけて読まれていた日本の書物「万葉集」などに用いられていた用語らしく、その時代から現代と同じように夫以外の人が結婚している女性のことを呼ぶ。
「人の妻」=つまりは他人が奪う対象として見る意味合いがこの時代からあったらしい。

それよりも最も驚いたのはこの言葉の語源が日本だということだった。こんなにお堅い日本の国。ましてや歴史をさかのぼり武士がいる時代からこのような言葉があったとは驚きであった。

がその当時はやはり倫理上あまり世に受け入れられ難い風潮がまだあったのか、それ以降の書物にはあまり使われなくなった言葉らしい。
それが現代において蘇ってきて空前の人妻・熟女ブームを呼んだようである。

また熟女とは40代を過ぎたあたりから50代、60代の年齢を重ねながら若い子にはない女性としての魅力を醸し出している大人の女性のことである。
経験豊富な特有の性的魅力を持つ女性という意味合いで使用されることが多く性風俗業界やアダルト書籍やビデオなどポルノ映画界でしばしば用いられる。

「人の妻」が奪う対象であり、「熟れた女」という言葉が酸いも甘いも解る豊かな経験から生まれる性的なアピール力を持った女性とどちらも男から見たときに性的興奮を覚える対象としての見方が濃厚に浮き出ている。

身体の一部や女性が身に着ける衣服などに性的興奮を感じるフェチ

人妻・パンスト・フェチ・画像
フェチとはフェティッシュイズムの略語であり、胸や脚、太もも。細かいところでは耳や口元、手の指先など身体の一部や、異性が身に着ける衣服などに性的な興奮をする傾向を示す言葉として用いられている。

身体の一部に執着する傾向では「おっぱいフェチ」や「尻フェチ」、「美脚フェチ」、女性が男を見るときに特異な人にいる「手フェチ」などがそれに該当する。

また人が身に着けるものに対して呼ぶ呼び名としてよく聞くのが「パンティフェチ」や、「ブーツフェチ」に「パンストフェチ」、「制服フェチ」などが挙げられる。

ただしこれらフェチと呼ばれる人達にも程度があって、棲み分けがむずかしいところがある。単純に好きとか嗜好が向いているという理由で使われることもある。先述の「手フェチ」など女性がある行動を起こすときの男の手元に魅力を感じるとかそのあたりのキュンっとくるとか、好きとかはフェチとは違う気がしてくる。

それは男も女も自分にはない相手の身体の特徴に性的な興奮を感じることは
人としてというよりは生き物として正常の反応であるからして、それをフェチと呼ぶのかはまったく畑違いのような気がする。

だからフェチと呼ばれる部類にはよほどの執着心がなければいけないのだ。
普通の一般人の間では到底理解のできない、なかなか人には言えない自分だけのフェチ領域にあることがそもそものフェチなのではなかろうか。

そんな奥深いナゾを秘めたフェチの中でも、唯一濃厚な感じがする人妻・熟女に対するあらゆるカラダのパーツ類や、それらが身にまとう下着、シチュエーションにセクシャルな興奮を覚える男たちの話をこのサイトでは語ってみたいと思う。